【閲覧注意】うさぎ用ケージに我が子を監禁した虐待夫婦の壮絶な生い立ちがヤバすぎる…子殺しの翌日、家族でディズニーランドへ…

日本小児科学会の
「子どもの死亡記録・検証委員会」
の発表では
虐待で殺されている子供の数は、
推計で約1日1人にのぼるという。

 

ニュース報道においても、
毎月のように凄惨な
虐待事件が報じられている。

 

どうしてこのような
「鬼畜夫婦」は生まれるのか。

 

東京・足立区で発生した
うさぎケージ監禁事件は
道を追うごとに加害者夫婦の
異常性と残忍さが伝わってきます。

 

今回は事件を起こした
悪魔の夫婦と犠牲となった
子供たちについて紹介します。

 

うさぎケージ監禁事件とは

「言うことを聞かないから」
という理由で
わが子をペット用のケージに
監禁した上で死亡させ、
その遺体を遺棄した監禁事件。

 

さらにその翌日、
夫婦は家族で
東京ディズニーランドへ遊びに行き、
約1週間後には6番目の子供を出産。

 

その後、7年間で7人もの子供を
出産しています。

 

そんな虐待夫婦の生い立ちは
壮絶なものだった。