【ふざけんな】生活保護で年収が1150万!?知られざる生活保護の実態に批判殺到

増え続ける生活保護受給者

 

現在、不正だけでなく
そもそもの生活保護世帯が
増え続けています。

 

世帯数は3か月連続で
最多を更新し続けています。

 

2016年10月時点で
生活保護を受けた世帯が
前月より964世帯多い
163万7866世帯となり、

 

3か月連続で過去最多を更新した
と発表されたのです。

 

65歳以上の高齢者世帯が前月より
985世帯多い
83万6387世帯となり
全体の半数を占めたのです。

 

このうち約9割の
75万8377世帯は
単身世帯だと言います。

 

このほか傷病者・障害者世帯は
43万601世帯。

 

母子世帯は
9万9131世帯でした。

 

増え続ける生活保護受給者。

 

しかし、
その中には不正を働いている人も
多くいるのが事実なのです。

 

不正受給の実態

 

結婚していて
夫に十分な収入があるにも関わらず
妻に受給させていたり、

 

就職活動をしているように装って
全く働く気がなかったり、

 

銀行や自動車の名義を親にして
実際には
自分で使っていたりなど様々。

 

一度申請が通ってしまえば
毎月の簡単な審査を
パスするだけで
継続されてしまっているのが
実態のようです。

 

問題点として申請される場所や
人によって通りやすさが
違ったりするようです。

 

ある人は今住んでいる所では
ダメだったから
もっと通りやすいと言われる県に
いけばもらえるようになったり、

 

あきらかに申請を通るはずの人が
間違った説明をうけ
野宿生活をさせられた
という話もあります。

 

次に生活保護は一度受けると
なかなか抜け出せない
と言われています。

 

それはしばらく働いていないから
簡単なアルバイトからでも始めよう、
と思ったとしても
月10~20万ほどの収入では
生活保護のほうが
裕福な暮らしができる上、

 

働かなくてもいいため
勤労意欲を阻害しているのです。

 

月に20万円収入があったとしても
そこから年金や税金など
いろいろ引かれて手取りは
かなり少なくなってしまいます。

 

生活保護は月13万だとしても
所得税や年金が免除の上、
医療費、水道基本料が無料で
住居を提供してもらえる場合もあります。

 

それらを考えると
月20万未満の仕事では
なかなか就く気には
なれないでしょう。

 

極め付けは不正受給のされやすさと
3兆円以上と言われる生活保護費は
赤字大国である日本の財政を
かなり圧迫しています。

 

今後も増え続ける見通しですので
そのお金は働いている人が
負担しなくてはいけません。