【お見事】見知らぬ不審者に「ママが事故にあった」と言われた時の女子小学生の切り返しが素晴らしい!

「ママが事故にあった」

昔から、暖かくなり始めると不審者が出てくると言われています。

実際に春から夏にかけては、そういった不審者の目撃情報が増加傾向にあります。

今回ご紹介するのは、鹿児島で不審者に声をかけられた小学生のお話です。

ある日、鹿児島市玉里団地2丁目あたりを、女子小学生が1人で下校していました。

その路肩に駐車していた車から不審者が降りてきて、

女の子に「ママが事故に遭った」と声をかけたそうです。

子供がこの言葉を聞けば、動揺してしまいそうになる内容です。

しかしこの言葉に対し、女の子はとても冷静にとある一言を返して不審者を撃退しました。

一体、どのようなことを言ってその場を切り抜けたのでしょうか。