男「自殺するっていうならその前に僕に抱かれませんか?」

男「どうして!?」

女「ご自分の胸に聞いてください」

男「いいでしょう。あなたを止める資格は、僕にはない」

男「ただ、ひとつだけ聞かせてもらってもいいですか?」

女「ひとつだけですよ」

男「三日前って白のパンティー履いてました?」

女「……はい?」

男「『なぜ見ず知らずの男が、わたしの履いているパンティーの色を知っている?』」

男「そんな顔をしてますね」

女「あなた、なんなんですか」

男「フッ、どこにでもいる素人童貞ですよ」

女「それは聞いてません」

男「なぜ僕があなたのパンティーについて知っているのか」

男「簡単ですよ。あなたはここ一週間、このマンションの屋上から飛び降りようとしていた」

男「そうですね?」

女「一週間も前から、わたしのことを見ていたんですか」

男「正確にはあなたではなく、あなたのスカートの中を、ですがね」

男「あなたは飛び降り自禾殳を実行しようとしていた」

男「しかし、いつもギリギリでやめてしまいますね」

女「……」

男「いやあ、一週間前にこのマンションを見上げたときは驚きましたよ」

男「『あっ、パンツだ!』って」