男「自殺するっていうならその前に僕に抱かれませんか?」

男「靴脱いでるし、これから飛び降りるんですよね?」

女「おっしゃるとおり、飛び降りようとしてましたけど。
なんですかあなた?」

男「よかったあ!」

女「はい?」

男「だって自禾殳するんですよね、ここから飛び降りるってことは」

女「そうですが」

男「自禾殳するっていうなら、その前に僕に抱かれませんか?」

女「はい?」

男「なかなか出会えないんですよね、これからタヒぬって人に」

女「……」

男「しかも僕は運がいい。こんな美人とめぐり会えるなんて」

女「あの、飛び降りていいですか?」

男「僕の話、聞いてたでしょう?」

女「ええ。エッチがどうとか言ってましたね」

男「フッ、そうです。僕の目的はただその一点のみです」

男「安心してください」

男「あなたの自禾殳を止める気なんて、僕にはこれっぽっちもありませんよ」

女「帰ってもらっていいですか?」

男「僕に帰る場所はありません。あるとしたら、あなたの胸の中だけだ」

女「もう飛び降りていいですか?」