【拡散希望】週刊現代『医者に出されても飲んではいけない薬』で病院がパニック!メジャーな薬 49種の副作用を解説!

医療現場クライシス! パニック患者が激増して医者が悲鳴をあげている!

今、あちこちの病院の診察室でパニックが起きている。オジサマたちの愛読誌が、メジャーな薬を片っ端から「飲んだら副作用で死ぬ」と書き立てたからだ。

きっかけは、『週刊現代』が5月30日売り号に掲載した大特集だった。『ダマされるな! 医者に出されても飲み続けてはいけない薬』という特集でメジャーな薬49種の副作用を解説。さらには「飲んでも効かない」「寿命は延びない」などと訴えたのだ。